8月, 2015年

システムキッチンとオーダーメイドキッチンの違いとは?~長崎キッチン・台所リフォーム隊ブログ

2015-08-10

キッチンリフォームをお考えなら、システムキッチンとオーダーメイドキッチンの違いはどのようなものかご存じでしょうか?
2つの違いについて、簡単にまとめてみました。

システムキッチンというものは、シンクやガスコンロ、レンジフードなどを1つにまとめたキッチンの事です。
一般家庭には最も普及しており、必要な機能や設置場所の面積といったことに対応して、多種多様なバリエーションのものが販売されています。

最大のメリットは、機能面や外観などが既にパック化されているので、設置した時のイメージがしやすいこと、価格が明確なところでしょう。

ご家庭によって費用面や欲しい機能などは色々だと思いますが、多くのメーカーから製品が発売されていますので、希望になるべく近いものを探すことが可能です。


オーダーメイドキッチンというのは、特にこだわりの強い方向けで、既製品ではまかないきれないような要望を叶えることができるようになっています。
費用はシステムキッチンに較べると高価になりますが、使われている色や素材、天板の高さやサイズなど全て希望通りに注文することができます。

ご家族の身長が高いまたは低い場合、既存のシステムキッチンでは使いにくい事もあるかと思いますが、オーダーメイドなら高さも自由に注文できます。

またキッチンスタイルも色々ありますが、キッチン面積が狭い場合や、既製品では動線が確保しにくいなどの場合は、オーダーメイドなら広く感じるように収納面を考えたりと色々と工夫することができます。

キッチンリフォームの際には、ご希望に合ったものをよく検討し、素敵なキッチンを実現してください。

Copyright(c) 2012 長崎キッチン・台所リフォーム隊 All Rights Reserved.