6月, 2015年

キッチンリフォームを安く仕上げるには?~長崎キッチン・台所リフォーム隊ブログ

2015-06-16

キッチンリフォームをすることになったが、なるべく安くしたい!という場合の注文の仕方を考えてみましょう。

とにかく低価格でと言っても、必要なリフォームを行わなければナンセンスです。

必要なリフォームを実施し、かつ低予算で、という事であれば、的を絞った工事を行うのが最善策でしょう。

キッチンユニットを全体交換すればそれなりにお金も必要ですが、部分部分やパーツだけを交換するのであれば、低価格で事が足ります。

例えば、蛇口を交換する、パネルを新しいものに交換する、といった場合です。

そうした部分工事ならば、10万円位でも実現可能です。

もし50万円位かけられるのなら、IHクッキングヒーターや食洗機なども導入できます。

最新の家電はいろいろ便利で使い勝手も良くなっていますので、調理に関するメイン部分を充実させたい場合にぴったりです。

また、最近では施主支給といって、自分でキッチンユニットなどを購入してきて、工事のみを行ってもらうというやり方をよく耳にするようになりましたが、こちらは一見安くできそうに見えますが、マイナス点も多く、自分でやらなければならない手間も増えますので、あまりお薦めできません。

施主支給の場合には、ユニット本体の瑕疵やサイズは自分で確認しなければなりませんし、段取りを総てご自身で行う必要があります。

また、本体と工事費を一括注文するのであれば値引きもありえますが、工事費だけで値引きしてくれる所はまずありません。

本体+工事費用の一括発注で希望の金額でやってくれる工務店を探すのが一番良いやり方だと思います。

Copyright(c) 2012 長崎キッチン・台所リフォーム隊 All Rights Reserved.